SCIENCE

リーベルマン-ブルヒャード反応とは?【Liebermann–Burchard reaction】

リーベルマン-ブルヒャード反応(Liebermann–Burchard reaction)は、コレステロールの検出に用いられる反応です。

概要

コレステロールの検出には、Liebermann-Burchard法または無水酢酸法が用いられる。

数分後に緑または緑青の色が形成されると陽性となる。

SO2およびFe2+の測定値と新しいスペクトルデータとの相関関係から、コレステロールのLiebermann-Burchard(L-B)反応とZak色反応は類似した酸化メカニズムを持ち、それぞれの酸化生成物として同種の共役コレスタポリエンが得られることがわかった。さらに、これらの2つの系で観察される着色種は、親ポリエンのプロトン化によって形成されるエニルカルボニウムイオンであることが示唆された。したがって、Zak反応で典型的に測定される赤色(λmax, 563 nm)の生成物は明らかにコレスタテトラエニルカチオンであり、L-B反応で測定される青緑色(λmax, 620 nm付近)の生成物は明らかにペンタエニルカチオンである。感度と色の安定性に及ぼすカルボニウムイオンの生成速度と硫酸濃度の影響について考察した。コレステロールを3,5-コレスタジエンに特異的に変換するための溶媒抽出法が紹介されている。この手順を一般的なL-B法に組み込むことで、コレステロールのL-B感度が数倍向上する。

歴史

反応機構

リーバーマン・バーチャードは、コレステロールを検出するための比色試験に用いられる試薬で、深い緑色を呈します。この色は、紫がかったピンク色から始まり、薄緑色、そして非常に濃い緑色へと変化していく。この色は、コレステロールの水酸基(-OH)が試薬と反応し、隣接する縮合環の不飽和度の共役度を増加させるためである。

実験手順

方法は以下の通り。乾いた試験管にコレステロールの結晶1~2個を乾燥クロロホルムに溶かす。無水酢酸を数滴、濃H2SO4を2滴加えてよく混ぜる。反応終了後、分光光度計でコレステロールの濃度を測定することができます。

この試験では、試薬として無水酢酸と硫酸を使用するため、重度の火傷を受けないように注意が必要です。

応用例

生薬の確認試験で用いられることがあります。