SCIENCE

代表的なカテコールアミンアナログ医薬品【構造と作用の特徴】

カテコールアミンアナログ医薬品

代表的なカテコールアミンアナログ医薬品を示します。

「アナログ」とは、立体構造が類似しており、同じ受容体に結合する化合物を指します。

αβ受容体刺激薬

ノルアドレナリン

ノルアドレナリン

カテコール環を有するため、経口投与はできない。

第一級アミンを有するため、α1受容体を刺激する。β受容体刺激作用は弱い。

アドレナリン

アドレナリン

カテコール環を有するため、経口投与はできない。

第二級アミンを有するため、α, β受容体を刺激する。

エフェドリン

エフェドリン

無置換の芳香環を有しているため、経口投与ができ、中枢興奮作用がある。

第二級アミンを有するため、α, β受容体を刺激する。

α受容体刺激薬

α-メチルノルアドレナリン

α-メチルノルアドレナリン

メチルドパの代謝物である。

カテコール環を有するため、経口投与はできない。

第一級アミンを有するため、α2受容体を選択的に刺激する。

β受容体刺激薬

ドブタミン

ドブタミン

カテコール環を有するため、経口投与はできない。

かさ高い第二級アミンを有するため、β1受容体との親和性が高い。

β受容体遮断薬

プロプラノロール

プロプラノロール

-O-CH2が挿入されているため、β受容体を遮断する。

かさ高い第二級アミンを有するため、β1, β2受容体との親和性が高い。

関連書籍