STUDY

【板書はするな】無駄時間を作らせないノート術【教科書で十分】

私は「ノートをとれ」と言う先生が嫌いです。

「この色は何色で」などの指定をしてくる先生は、さらに嫌いです。

なぜならば、基本的にノートをとりたくないからです。

今回は、私がノートをとりたくない理由と、ノートをどのように使えばいいのかを紹介します。

ノートをとるデメリット

皆さんは何のためにノートをとっていますか?

「授業内容をまとめるため」「復習のときに見直したいから」

などなど、人それぞれの理由があると思います。

中には、「小学校のときからとっていたから、なんとなく」という人もいるでしょう。

しかし、授業中にノートをとる必要はありません。

授業中にノートをとることには、大きなデメリットが存在します。

  • 耳が働かない
  • 思考が停止する

この2つです。

耳が働かない

ノートをとるということは、書くことに集中するということです。

すなわち、書いている間に先生が話したことは、意識の外です。

おそらく、真面目にノートをとっている人は、授業の大半の時間をノートテイクに使っていますから、大半の内容を聞けていないということになります。

先生が説明してくれるのは一度限りですから、それを聞き逃すというのは、非常にもったいないことです。

思考が停止する

これもほぼ同じ理由です。

書いている間は書くことに集中し、理解しようと頭を動かすことはしません。

すると、授業中には理解できず、家に帰ってからまた見直さなければいけないという状態になってしまいます。

ノートをとることに夢中になり、内容を理解できなければ、元も子もありません。

大事なことは黒板ではなく発言にある

文章を書くとき、口で話せばもっと上手く伝えられるのになと思ったことはありませんか?

それは誰もが同じことで、先生にも当てはまります。

黒板に書くよりも、それに伴う説明の方がわかりやすいのです。

ですから、授業中は先生の板書よりも先生の発言に価値があります。

大事なのは、板書よりも発言です。

書き逃すと聞き逃すであれば、聞き逃すの方が損失が大きいのです。

絶対に聞き逃さないようにしましょう。

だから、話したけど黒板に書かなかったことをメモするのは、アリです。

逆に、こういう部分はしっかりとメモに残し、後から授業を思い出せるようにしておくといいかもしれません。

授業中は教科書だけで十分

授業内容をまとめるのが目的という人は多いでしょう。

しかし、私たちの手元には、プロが授業内容をまとめてくれたものがあるじゃないですか。

そう、”教科書”です。

教科書は要点がまとめてありますし、カラー印刷で、大事な箇所は太字にするなどの工夫もされています。

よっぽどの人じゃない限り、授業中にこれよりもわかりやすくまとめるのは、不可能でしょう。

だから、授業中は教科書で十分なのです。

復習でノートにまとめる

ノートを使うのは、授業中でなく、授業後です。

復習として、授業で習ったことを自分なりにまとめてみましょう。

自分でまとめるということは、「書く」という作業に「考える」という行為が追加されます。

考えながら書くことによって、書いた内容は頭に残りやすくなります。

とても充実した復習となるわけです。

ノートを授業中に書いてそれを見直す復習よりも時間が掛かってしまうかもしれませんが、効果には圧倒的な差があります。

短期間でもいいので、実践してみてください。

最後に

ときには、常識を疑うことも大切です。

「ノートはとらなければいけない」という常識を疑ってみましょう。