STUDY

【近道なんてない】勉強は精神論に帰結する【急がば回れ】

私は、何かと精神論に行きつくことが多いです。

人に教えるときも、精神論を使ってしまいがちです。

ですので、他の勉強系の記事を見ていただけたら、精神論が頻発していると思います。

今回は、なぜそうなってしまうのかについて、説明していきます。

精神論とは

「精神論」とは、その名の通り、気持ちさえあればなんとかなる理論です。

世間一般的には、精神論は嫌厭されがちです。

精神論ばかりつかっている上司がいたら、嫌われることでしょう。

しかし、世の中には正しい精神論もあるのです。

勉強において、精神論は正しいことの方が多いです。

これを否定する人のほとんどは、努力を経験したことのない人だと思います。

勉強における精神の重要性

勉強は簡単です。

勉強すれば伸びますし、勉強しなければ伸びません。

たったそれだけです。

すなわち、勉強するかどうかってことなんですよね。

では、何が勉強するかどうかを決めるのか。

それは、精神です。それ以外の何物でもありません。

勉強をするかしないかは1か0です。

しばしば、勉強をしないで勉強法などの話をしている人がいますが、論外です。

勉強法は何がいいのかなどの話は、1.0と1.1を議論しているようなものです。

こんなことに時間を割いているのは、無駄でしかないです。

勉強法を考える時間があったら、まずは勉強を始めてください。

だから、勉強を始める「精神」は何よりも大切なのです。

万人に最適な勉強法はない

勉強法に正解はない

勉強法に正解なんてありません。

世の中探せば、いくらでも勉強法は出てきます。

それらのどれが正しいかを議論しても時間の無駄ですし、結論は出ません。

別に東大生が紹介した勉強法が正しいとは限りません。

自分にとっての最適解を見つける方法

大事なことは、自分にとっての最適解を見つけることです。

そして、それを見つけたかったら、とにかくデータを集めてください。

データの集め方は、次の通りです。

  1. ひたすらに自己流で勉強する
  2. 成績が伸びない教科・分野が現われる
  3. 2.で見つけた教科・分野の勉強法を調べる
  4. 3.で見つけた勉強法のうち、自分が直感で良いと思ったものを実行する
  5. 4.を最低1か月継続する
  6. 2.に戻る

とにかくこれを繰り返してください。

一発で最適解を見つける方法なんてありません。

徐々に、荒い部分を削ぎ落していくイメージです。

精神論は万人に共通する

万人に最適な勉強法はありませんが、精神論は万人に共通して使えます。

先ほど紹介した最適な勉強法の見つけ方も、精神が成り立っていなければ、実行できません。

しかし、精神はなかなか成長させることができません。

そこで、精神を成長させる一番簡単な方法を紹介します。

「絶対に学校を休まない」

これだけです。

インフルエンザでも学校に行ってください。

病院に行かなければ、インフルエンザと診断されることはありません。

病院に行くから、インフルエンザと分かってしまうのです。

病院に行かなければ、ただの体調不良で話は済みます。

批判覚悟です。嫌われてもいいです。

私は、こういう人間です。

インフルエンザでも学校に行ってください。

これを12年間続けられれば、あなたは絶対に精神が鍛えられています。

最後に

この記事を書いていて思ったのですが、絶対に自分の部下にはなりたくないですね。(笑)

こんなにうざい先輩をもった後輩が可哀想なものです。

わざわざ最後に毒を吐く必要はないと思うのですが、もうのどまで出てきているので言ってしまいます。

私は、学校を休む人が嫌いです。

気分を悪くした方がおられましたら、好きなYouTuberでも見て、口直しをしてください。