LIFE

アパート選び 1階はアリ?ナシ?

一人暮らしを始めるときに必ずついてくるのはアパート選びです。

アパートを選ぶときには様々な条件を考慮します。

そのひとつが階数です。

特に1階かどうかは派閥が分かれるところであり、住み心地も他の階とは大きく異なります。

今回は1階はありなのか、なしなのかを考えていきたいと思います。

1階のメリット

家賃が安い

基本的に1階は他の階より安くなっています。

デメリットが多く、需要が少ないからですね。

しかし、これはデメリットを気にしない人にとっては好都合です。

家賃は大きな支出となるので、少しでも安くしたいところです。

出入りしやすい

当たり前ですが、1階なので階段やエレベーターは使う必要がありません。

アパートの出入りは多いので、これだけでも大分楽です。

また、引っ越しのときにも便利です。

音を気にしなくていい

アパートで頻出なのが音問題です。

横、縦の部屋でもめることがあります。

1階であれば、下に部屋がないのでその音を気にする必要がありません。

夜に跳び跳ねたり、盛大に食器を落としても平気です。

1階のデメリット

防犯性が低い

出入りしやすいということは、悪い人からしても出入りしやすいのです。

2階まで登るのは大変ですが、1階なら簡単に入ることができます。

特に古い建物には注意が必要です。

事前に防犯面も確認しておきましょう。

周りからの視線

1階は通行人と視線の高さが同じです。

そのため、カーテンをしてないと部屋の中は丸見えです。

また、洗濯物を外に干すとそれも見えてしまいます。

女性は特に気を付ける必要があります。

虫が出やすい

一軒家に住んでる人ならわかるのではないでしょうか。

虫が出るのは主に1階です。

1階に住むならその覚悟も必要です。

虫が苦手な人は要注意です。

おすすめの人は?

では、どういう人が1階におすすめなのでしょうか。

それはズバリ、テキトーな男性です。(笑)

言い換えれば、細かいことを気にしないゆってぃみたいな男です。

果たしてゆってぃがどのくらいの人に伝わるのでしょうか。

もうジェネレーションギャップですね、、

まあそんな小さいことは気にせずにいきます。

話を戻すと、まず女性にはおすすめしません。

女性は2階以上がいいと思います。

この記事を読んで、デメリットも全く気にならないという男性は1階がいいかもしれません。

最後に

今回はアパートの1階はどうなのかをメリットやデメリットとともに考えてきました。

この記事を部屋探しの参考にしてください。

何よりも大切なのは自分の目で確認することです。

一度はその場に行き、立地や環境を確認しましょう。